ジーユーで叶える、初夏の最旬ママスタイル

ISSUE#01

ONもOFFも
初夏コーデはジーユーで決まり。

忙しいママたちへ。ON・OFFコーデをチェックして、
梅雨→夏への季節の変わり目をおしゃれに乗り切って。

01フラワープリント
フリルスリーブブラウス

スポーツサンダル

華やかイエローで送り迎えへ

ラフ過ぎてもキメ過ぎても浮くキッズの送り迎えコーデは、カジュアルなデニム×華やか&涼しげな花柄フリルブラウスが適任。足元は歩きやすいサンダルが正解。

02UVカットフルジップパーカ

炎天下に欠かせない
UVカットパーカ

初夏とはいえ、日中の日差しは盛夏そのもの。いつでも羽織れるようUVカットパーカは車に常備。冷房対策にも使えて◎。今日はフレアスカートに合わせて買い物へ。駐車場の日差しももう怖くない。

ダブルポケットバックパック

03スウェットイージーパンツ

ラフコーデには才色兼備なハットをプラス

今日はキッズと船を見に海へ。動きやすいTシャツ&スウェットパンツコーデはこんなアクティブシーンに大活躍。さらにハットを投入すれば紫外線対策はもちろんのこと、コーデ全体をスタイリッシュに格上げしてくれる。

04チュールマキシスカート

1+1コーデで
ママ会へ

子育て中の息抜きの場、ママ会。モリ袖トップスとチュールスカートといった旬アイテムを合わせれば、1+1のシンプルコーデでもとびっきりオシャレに。足元の真っ赤なエスパドリーユがアクセント。

レースアップエスパドリーユ

05フリルスリーブブラウス

父の日恒例の家族ディナーはドレッシーに決めて

フリル×レースのレディな組み合わせ。二の腕を細見せしてくれるフリルスリーブはママのマスト。スカートの鮮やかカラーでぐっと今年っぽく洗練された雰囲気に。

06ボーダータックロングT

クロスフラットサンダル

雨の日はうとうと
あ、買い物行かなきゃ

部屋着やワンマイルウェア、リゾートもOKなTドレスは1枚で決まる便利アイテム。ジメジメ梅雨時期もさわやかオシャレに。×ゴールドサンダルで旬コーデが実現。

07ベルテッドロングT

保護者懇談会へは
程よくフォーマルに

蒸し暑い季節のフォーマルシーンには、内外の温度調節に対応できるノースリーブワンピ&カーディガンスタイルが最適。ウエストリボンで華やかな雰囲気をまとって。

ベルテッドロングT
ISSUE#02

インスタ対応。
ハッピーMAX親子リンクコーデ

08グラフィックT

お揃いロックTでママはシックにキッズはグランジ調

有名なロックバンド「NIRVANA」デザインTシャツ。ママはモノトーンでまとめて大人っぽく、キッズはカート・コバーンよろしくグランジテイスト。個性を活かしたリンクコーデの完成。

09ボーダータックロングT

定番ボーダーはアイテム違いで取り入れて

トライしやすい定番ボーダー。オシャレにみせるなら、ママはモノトーンワンピ、キッズはブルーTといった具合に、色やアイテムをあえて同じにしないのが最大のポイント。

10グラフィックT

さり気なくヴィヴィッドカラーでリンクコーデ

一見リンクコーデと分からないものの、親子ともにヴィヴィッドカラーで同テンションにまとめたスタイル。そのさり気なさが今っぽくて、逆に小洒落た雰囲気を演出。

ISSUE#03

今すぐ欲しいのは
“きれいめ”を叶える夏アイテム

仕事に学校行事にとママに欠かせない“きれいめ”スタイル。
今すぐ着られて夏も大活躍の “きれいめ”アイテム揃えました。

11タックロングT

お仕事ママに最適。モードなシルエットの大人Tドレス

首周りが程よく詰まっていて、通勤着にぴったりのシルエットが嬉しい限り。ベースがTシャツなので、汗ばむ季節もがんがん洗えて、さらに◎。スキニーに合わせて大人っぽく。

クリアパーツピアス

今シーズン押さえておきたいのは揺れ感のあるピアス。シンプルな着こなしにプラスして。

12リボンショルダーT

露出度低めコーデから肩のチラ見せ
それがママの肌見せ流儀

長めの袖にロング丈ボトムス、だからこそ威力を発揮するチラ見せショルダー。露出度高めの着こなしには抵抗があるけれどトレンドは押さえておきたい、そんなママにオススメ。

肩の甘めリボンとバランスを取るなら、エスニックテイストの柄クラッチを投入して。

ジャカードクラッチバッグ

13バックデザインロングT

プレーンな黒ドレスを裏切るのは大胆な背中開きデザイン

ママたるもの、1枚は持っていたいリトルブラックドレス。これからの季節に活用するなら、前はシンプル、背中は大きく開いた涼しげ&大人テイストのものがベスト。

バックデザインロングT

開き具合だけでなく、リボンのようなゴージャスドレープにも注目。高見えを叶える1枚。

14フレアスリーブロングT

カジュアルシーンも
どこか“きれいめ”感漂うワンピをチョイス

動きやすさ最優先のアウトドアコーデ。でも“きれいめ”にこだわるなら楽ちんながらもモリ袖と上品カラーを携えたTドレスが正解。レイヤーされたアクセサリーがポイントに。

“きれいめ”に“こなれ感”を足すなら、紫外線対策も兼ねた中折れストローハットを。

ストローハット

15サテンマキシスカート

“きれいめ”だけじゃない
“華やぎ”プラスのドラマティックスカート

リラックスな着心地なのに、突然の来客にも対応可能なきれいめスカートはマストバイ。サテンの素材感とジューシーレッドが相まって、Tシャツまでもがドラマティック。

スニーカーサンダル

外すならスニーカーサンダルが吉。カジュアルダウンというよりもモードに昇華。

ページトップへ