9/15(金)最新ラインナップ登場!品揃えが2倍に拡大!

GU MEN Sep.02 STYLING TIPS

GUが提案する、6つの最旬“着こなしアイデア”
アウトドアミックス、ミリタリーテイスト、
リッチなテクスチャーに着回し力バツグンのニット…。
この秋これさえ押さえておけば間違いなし!
そんな6つの最旬スタイリングメソッドをご紹介します。
GU MEN Sep.02
THE HOTTEST FASHION TRENDS OF AUTUMN 2017.
中綿ベスト
tips01

あえての同色合わせが
今っぽい選択!

ワイドデニム×ビッグTをあわせた
アウトドアアイテムを都会的に落とし込むなら
色数を抑えてミニマルにまとめるのが有効!
シルエットやカラーの
大胆なメリハリが洒落感を生みます。

中綿ベスト
ビッグシルエットの
スウェットをイン。
色は同じでもサイズに
差をつけることで
立体感が生まれる。
中綿ベスト
襟元から白Tをチラ見せ。
これがないと着こなしが
単調になるので注意。
MA-1ブルゾンWI
tips02

スリムパンツで
ミリタリーをシックに

無骨なミリタリーアウターは
スリムパンツで品良くまとめるのがおすすめ。
カジュアルなボーダーTを合わせると
さらにラギッドさが中和されて、
モダンなイメージが演出できる。

MA-1ブルゾンWI
旬の‘90s風にシャツを腰巻き。
ワンランク上のセンスが漂って
後ろ姿も隙なし。
MA-1ブルゾンWI
スニーカーではなく
レザーシューズで。
これが都会的な
ムードを生み出す
重要ポイント。
ヘビーウェイトビッグスウェットパーカ(長袖)
tips03

旬のフェードカラーは
ブラックで引き締めを

ちょっとくすんだフェードカラーも今季のトレンド。
コーディネートのコツは締め色を使うこと。
トップスはフェードカラーのグラデーションでまとめて、
ボトムスは潔くブラックで引き締めるとバランス良し。

ヘビーウェイトビッグスウェットパーカ(長袖)
コーデュロイ素材は
今季の最注目素材。
フェードカラーコーデ
との相性もよくて、
旬度が一気に上がる。
ヘビーウェイトビッグスウェットパーカ(長袖)
袖口、裾、襟元で
白ロンTをチラ見せ。
アウトドアミックスに
都会的なクリーンさを
生むためのテクニック。
ストレッチデニムクライミングパンツ
tips04

イン&アウトで楽しみたい
クライミングパンツ

クライミング仕様のパンツも今季のトレンド。
ウエストのベルトデザインを生かして、
インナーをインして着こなすのもいい。
これ1本で着こなしの幅が広がります。

ストレッチデニムクライミングパンツ
ウエストに付属する
ベルトデザイン。
着こなしのアクセントになり、
はき心地がイージーなのもいい。
ストレッチデニムクライミングパンツ
同じコーディネートでも
インナーをインするだけで
こんなにイメージが変わる!
このパンツのデザインだから
できる遊び方です。
ベロアブルゾン
tips05

スポーツミックスを
“ベロア”でアップデート

“リッチ感のあるテクスチャー”も
この秋冬のトレンドキーワード。
イチ押しはベロア素材です。
カジュアルなスポーツミックススタイルも
ご覧の通りクラス感のあるムードに。

ベロアブルゾン
角度によって表情を変える
この深い光沢感が着こなしの
格を上げるポイント。
バイカラーデザインにも注目。
ベロアブルゾン
足元には白スニーカーを。
抜け感を出しつつもスポーティに
偏りすぎないベストチョイス。
アゼクルーネックセーター(長袖)
tips06

カジュアルもきれいめも
990ニットで自在に着回し。

ネイビーニットはやっぱり鉄板。
旬のワイドデニムで着こなしすることもできるし
スラックスで上品にまとめることもできる。
カジュアルに着こなす時は、
色と素材感でトレンドをフォローするのを忘れずに。

Disney
LUCASFILM
アゼクルーネックセーター(長袖)
今季はロゴ入りキャップ
が大注目!
ワンランク上の
アクセントを。
アゼクルーネックセーター(長袖)
トレンドのベロア素材の
アウターを腰巻き。
さらにガチャベルトで
カラーもプラス。
このアクセントで差がつく。
アゼクルーネックセーター(長袖)
ネイビーのスラックスを
ワントーンで合わせる
だけでこんなにシック!
シーンを問わず
活躍する万能ニット。

アレンジアイテムはこちら

Page Top